Calin Face2015年3月に office able さんを通して 1 か月間アメリカ・ロサンゼルスに滞在しました。英語の必要性を強く感じ、今後のモチベーションを維持するためにも、実際にアメリカへ行って英語圏での生活を経験してみたいと考えたので、春休みを利用しての短期留学を決意しました。非常に短い期間でしたが、人生で最も充実した 1 か月だったと言えます。

私はこの 1 か月間、できる限りたくさん英語を使うことを決めていました。英語の環境がすごく新鮮で、外に出かけては無駄に知らない人に道を尋ねていたのが、ついこの間のことのように思われます。

語学学校は LSI に 1 か月間通ったのですが、私のクラスはフランス、サウジアラビア、メキシコなどから来た生徒10人ほどからなる少人数のクラスでした。授業中は積極的に発言することが求められます。始めのほうは、クラスで発言することに抵抗を感じていたのですが、徐々に慣れてくると積極的に授業に参加することができるようになりました。積極的に授業に参加することで、授業の理解度が増すことを改めてここで実感し、貴重な経験となりました。

また、学生住宅 Willow Brook のハウスメイトたちはみなさん本当に親切で、私の拙い英語にいつも付き合ってくれました。ハウスメイトたちと交わした生きた英会話は、私の英語力を上達させるうえで、すごく有意義なものだったと思います。滞在中、私は Willow Brook でハウスメイトたちと過ごす時間が一番好きでした。日本へ戻る日が近づくと、ハウスメイトたちと離れるのが寂しくて寂しくて泣きそうになるぐらいでした。

LSI教室でクラスメートと 学生住宅玄関前 ハウスメートのBesimと ハウスメート達と一緒に夕食 ハウスメート達と美術館で

留学ほど ” 自分次第 ” である投資はないと思います。自分次第でそれは実際に支払った金額より何十倍もの価値のある経験にすることができると感じました。積極的に仲間をつくり、たくさん英語を話す。これだけで素晴らしい時間を過ごすことができるうえに、英語も上達し、アメリカから離れた後の英語学習に対するモチベーションにもつながります。実際に日本に戻った今、私はアメリカへ行く前よりもはるかに英語を勉強することが楽しく、日本での生活も、間違いなく充実させることができると確信しています。

 

素敵な仲間、環境に恵まれたので、ロサンゼルスは私の大好きな町になりました。有意義な留学生活を過ごす土台と親切なサポートを、良心的な価格で提供してくださった Office able さんには感謝でいっぱいです。ありがとうございました。